絶対に知っておきたい賃貸借契約の敷金と立退料の基礎知識

知っておきたい敷金の意味

賃貸借契約を締結するときによく敷金2か月分というような表記を目にしますよね。そもそも、敷金とは何でしょうか。敷金とは、賃貸借契約に付随する契約を締結し、賃貸借契約期間に生じた通常損耗を除く賃借物の修繕費用に使用される資金です。つまり、故意に壁を壊した場合などにその修繕費用として使用されるものです。逆に言えば、通常の使用によって生じる老朽化などの修繕費用は賃貸人が負担すべき費用なので、敷金で補てんされることはありません。

敷金を返してもらおう

賃貸借契約が終了すると退去することになりますが、退去の前後で敷金を返還してもらうことはできるのでしょうか。この点については、敷金は、退去するまでに生じる敷金で補てんすべき費用を差し引いてなお残額がある場合には、退去後に敷金返還請求権という権利に基づいて返還請求をすることが可能です。そのため、退去後に敷金について説明がなくかつ返還されていない場合については、直ぐに賃貸人に確認をして残額がある場合には、返還してもらうことが大切です。

そもそも立退料って何ですか

敷金とは違い賃貸借契約においては、立退料というものがあります。これは、賃貸借契約締結中に賃貸人が賃借人に対して当該契約を終了させるために用いられる費用です。このような立退料について、よくこれを提示された場合立ち退きを余儀なくされると考えている人がいますが、それは誤りです。そもそも、立退料というのは、契約を終了させる正当理由を補完させるものに過ぎないため、立退料を提示されたことをもって直ちに、この正当理由を満たすということにはなりません。そのため、立退料を賃貸人に提示された場合については、賃借物の使用の必要性などの説明もしっかり求めることが重要です。

旭川市の賃貸マンションは、設備も整っていていつまでも快適に暮らすことができる魅力のある賃貸マンションです。