賃貸物件に住み始めて不具合があったらすぐ家主に言おう

入居した時点での不具合

例え大手経営の賃貸物件でも、入居時に完璧な状態にして貸すわけではありません。ほとんどチェックせずに貸しているのが現状で、住宅設備に不備がないかを調べるのは、新しい居住者任せになっているようなところがあります。入居後初めて洗濯をしたら、排水口があふれ、水が流れない状態だったり、風呂場の排水ができなかったり、給湯設備が故障していたり、などということは普通にあります。そういうことがないという前提での家賃ですから、これは由々しき事態です。

故障したまま貸しても、家主に損害はない

借り手としては、すべてを入念に点検してから貸すべきではないかと思うわけですが、点検しないまま貸して、見つかったら直せばいいというスタンスのようです。そうしたからといって、家主側にはまったく損がありません。損をこうむるのは借り手です。修理の間、その設備が使えず不便な暮らしになりますし、工事に必要な電気代はすべてなんと入居者負担です。家主側に損はないどころか、かえって得をするようになっています。これってどうなんでしょう。

慣例でそれが当たり前になっている

そんなバカな!と思ってしまいますが、慣例で、そうなっても家主になんの負担義務もないことになっているようです。これじゃあ、点検して貸す家主はいないでしょう。壊れそうでもそのまま貸して、壊れたら工事の電気代は入居者負担、その間銭湯を利用したり、コインランドリーを利用したりする費用も入居者持ち。原状回復費用のように、国がこの件に関してもガイドラインを出してほしいものです。借り手は根拠がないと、なかなか主張しづらいものです。

札幌市の都心部は、碁盤目状に道路が整備されており地下鉄などの公共交通機関も充実しています。そういったことから、札幌で交通の利便性の良い賃貸住宅なら札幌市中央区の賃貸物件がおすすめです。